多色も思いのほか枚数があったので、2パートに分けさせていただきます。
というわけで、明日こそが最後のLuis Scott-Vargasレビューです。
それでは、「続きを読む」からどうぞ!

なお、文章には意訳・省略が多数含まれておりますので、ご了承ください。

構築

5.0 : 様々なフォーマットで活躍する(大金を払う価値がある)。 ―  精神を刻む者、ジェイス、漁る軟泥など
4.0 : スタンダード環境の主役級。 ― スフィンクスの啓示、炎樹族の使者など
3.5 : いくつかのアーキタイプで有用だが、必須とまで言わない。 ― エルフの神秘家、至高の評決、復活の声など
3.0 : 特定のアーキタイプの主軸になり得る。 ― ボロスの反攻者、ドムリ・ラーデなど
2.5 : いくつかのデッキにおける、縁の下の力持ち。 ― アゾリウスの魔除けなど
2.0 : サイドボードか、地雷デッキ用のニッチなカード。 ― 帰化など(多くのカードがこのラインに位置する)
1.0 : ほとんど使われないカード。 ― 空虚自身など

リミテッド

5.0 : 文句なしの初手級。
4.5 : これまでのピックによらず使うであろうカード。
4.0 : タッチしてでも使いたいカード。
3.5 : 色を決める十分な理由になるカード。
3.0 : 色へ行くきっかけになるカード(その色をやってるなら100%使う)。
2.5 : このレベルが何枚か取れたら色は確定かな(その色をやってるなら90%使う)。
2.0 : その色をやってるなら70%使う。
1.5 : メインに入るかは半々くらいかな。(50%で使う)
1.0 : メインデッキに入れたくないカード。(30%)
0.5 : ひょっとしたらサイドにあるかもしれないカード。(10%)
0.0 : サイド後だろうとしても絶対に使わないカード。(0%)

WpiGDReZ51p_JP_LR

構築 : 1.0
ヴォジェクの矛槍兵との仕事っぷりの差がひどいものだ。三階級は違うね。

リミテッド : 1.0
アグレッシブな赤白デッキなら基本的には2マナ2/2で、それは悪くない。
希に4/2か3/2になるってのは、デッキに入れる十分な理由になるよ。


uqAdqR8OPId_JP_LR

構築 : 2.0
断崖の避難所が落ちたとはいえ、ボロスはアグロデッキとして優秀な色だ。
そしてこいつらは軽くてパワフルなニューカマーだよ。
除去もクリーチャーもないデッキはほとんどないから、どのデッキに入るかはわからない。
ただ、3/2先制警戒が欲しくて、対象を取るスペルが何枚かあるデッキならそこが居場所だ。

リミテッド : 4.0
強化スペルが使われなくとも打ち負かすのが難しく、授与やコンバット・トリックがあればほとんど越えられないよ。


agZGTvlKD7T_JP_LR

構築 : 2.5
素で唱える機会はあまりないと思うけど、下のフォーマットには大きな影響を与えるだろう。
こいつは追放する絶望の天使で、コストを踏み倒すデッキ、例えば戦慄の復活や実物提示教育が相性がいいね。
スタンダードでは潜在的に使えるデッキは何個かあるけど、やはり唱えたい機会も多いだろうから疑問だね。

リミテッド : 2.0
このセットで8マナスペルを唱える機会があるかが微妙だ。
俺はこいつが好きで、確かに使ってみようともした。
ただその強力な効果の反面、やはり唱えるのが難しすぎる。
こいつを初期に取れれば、ゲームを遅くするだとかサポートするカードを取れるんだけどね。

img_1586424_43036739_4img_336694_7029484_1

15c720d9a9



WKUKaH6Fkuj_JP_LR

構築 : 3.0
スタンダードで入るデッキがなければ、俺は環境を立ち去るよ。
こいつは3マナPWで、優れた中速の能力と、ダメージに非常に強い+2能力がある。
最大の欠点は出したターンに仕事をしないことだ(前のアショクがカードを追放してたとしてもね)。
後半になるにつれて弱くなるから、序盤のバランスをよく考えたんだと思うし、コントロール相手には1枚で大変な脅威になるね。

リミテッド : 4.0
序盤に出たあ食は逃げ出したくなる強さだ。
タダでクリーチャーを供給し、相手のデッキを削ってくれる。
このセットで最強のカードの1枚だ。


qRC7kxrJdRE_JP_LR

構築 : 2.0
無理に英雄的を誘発させるほどのスペックではないけど、俺は好きだよ。
カウンターと占術をどの強化スペルにくれるのは嬉しいし、こいつが使えるかは軽く、手軽なスペルがどれほどあるかに依るね。

リミテッド : 2.5
青白デッキなら、大したコストもかけずに恐ろしくデカくなる。
更にはデッキから追加のコンバット・トリックもくれるし、噛み合ったいいカードだ。


pqmawAfXypy_JP_LR

構築 : 1.0
俺はこれまでに、ドローするカードをたくさん使ってきたが、こいつは手に余るよ。
ただ1枚のカードを引くためだけに、何かしら不利益な+1/+1カウンターを置くカードを使うのはダメだ。

リミテッド : 3.0
直線的な緑白デッキなら、少しだけ唱えるのが難しいネシアンの狩猟者を使わない理由はない。
3マナ3/3ってだけで使いたくなるね。


tVI4bJ9j94Z_JP_LR

構築 : 2.0
俺はプロツアードラゴンの迷路から夜帳の死霊のファンで、だからこいつも好きだよ(相手の根縛りの岩山を奪って評決が撃てたんだ)。
こいつはより唱えやすく、ライフを得るっておまけがついてるけど、2つの点で弱くなってしまった。
1つ目は、「パワー3以上にブロックされない」ってのは飛行より弱く、守りには何のメリットもない。
2つ目は土地をプレイできないことで、夜帳のように土地事故を解消してくれたりはしない。
3マナタフネス2の伝説って欠点はあるけどそれでも使いたいね。

リミテッド : 3.5
2枚ほどは奪ってくれるだろうし、ライフレースにも優位にたてる。
授与してしまえば簡単に止まらなくなるね。

img_653169_24460567_0



vY2WvplHIRz_JP_LR

構築 : 2.5
アグレッシブな赤緑デッキ待望の解呪だ。
エンチャントやアーティファクトに触れるのはいいし、2点のダメージも攻勢を維持できる。
古の遺恨もいいカードだったけど、これも使われるだろう。

リミテッド : 2.5
2マナでこの効果は安いし、インスタントってのと追加ダメージも高評価だよ。

20110920_41eb1d


Ge4LjlHYvd9_JP_LR

構築 : 3.0
夢のような素晴らしく強力なカードだ。
アグロ・デッキには完璧な1枚で、5マナでの怪物化もミッドレンジ・デッキに合っている。
番狼もいいカードだったが、こいつはそれを上回る強烈なカードだよ。
怪物化してしまえば殺すのは難しく、他のどんな2マナカードより強いね。

リミテッド : 4.0
ゲームの勝者となるには2ターン目に素晴らしく、7ターン目にも素晴らしい。
他の金色のカード同様に早い段階で取ってしまいたい強さだね。

239


UJAhOjb9LWP_JP_LR

構築 : 1.0
こいつのフレーバーはよくわからないね。
瞬速、飛行、トランプルはさほどうまくかみ合ってないし、タフネス2ってのはすぐに死ぬってことだ。
ライフを何点か得たところでどうでもいいね。

リミテッド : 3.0
相変わらずフレーバーはよくわかんないけど強力だ。
毎ターン1点のライフをくれるってのもリミテッドでは嬉しいね。


6WYhHfvhKpf_JP_LR

構築 : 1.0
構築には重すぎるし、ミノタウルスは部族としてはカード不足だ。
もしこいつがもう少し軽ければ、死呻きの略奪者とよく噛み合ったんだけどね。

リミテッド : 2.5
単体で轟きの巨人と悪くない。
2、3体のミノタウルスがあれば、アグレッシブなカードが多いからいい感じだね。


8x2vHVs5J2Y_JP_LR

構築 :  1.0
Time Walkしようと6マナで出すと待っているのは破滅の刃だ。
効果は面白いけど、6マナかかって守ってやらないといけないってのは厳しいね。

リミテッド : 3.5
フィニッシャーとしては少々遅いけど、攻撃が通ってしまえば少なくとも土地や自身が起き、追加でカードを引ける。
4/4飛行に触るのは中々難しいし、リミテッドでは十分だ。

ImageCAQZP5E3



さて、本日はここまでです。
やはりレアリティも相まって強力なカードが多いですね。
プロツアーも終わったので、LSVの次は環境考察の記事を訳す予定です。
それでは、次回の更新をお待ちください~。